ライブコマースサービス アプリ(ECモール型とキュレーション型)とSaaS型

ライブコマースに注目している人たちも多くいらっしゃることでしょう。いま、まさにライブコマースというライブ配信の方法を選択することで、高い収益やPR効果を期待することができるでしょう。リアルタイムなコミュニケーションを通じ、購入したいお客様の疑問を解決します。

アプリ(ECモール型とキュレーション型)とSaaS型

ライブコマースは、アプリ(ECモール型&キュレーション型)とSaaS型が現在、提供されています。

ECモール型は、法人に対し出店できる機能を提供し、 配信は出店者が行うことが多いです。売り上げに対して手数料がかかるケースが多くあります。

キュレーション型は、 オンライン・セレクトショップと言った委託販売でのサービス提供です。配信はサービスプロバイダー側が行い、サービスプロバイダーが在庫を抱えてしまうこともあります。 売り上げに対して手数料がかかるケースが多くあります。

そして、SaaS型です。SaaS型は、 法人向けとしてライブコマースを提供しているサービスであり、自社のECで、ライブコマースを行うことができます。自社ECに今後は重点をおいて展開していきたいという企業におすすめの方法です。

おすすめライブコマース

ここでは、おすすめのライブコマースサービスを紹介しましょう。まず、TAGsAPIです。TAGsAPIは、ライブコマースを、自社ECに簡単に導入することができる、 SaaS型のサービス提供です。

たった一回のライブ配信で、 1000万円以上売り上げも期待することができます。TAGsAPIの運営会社は株式会社MOFFLY です。既に、三越伊勢丹、ビックカメラ、ナルミヤ・インターナショナル……と言った企業が導入しています。

もっとみなさんに身近なライブコマースは、Yahoo!ショッピング LIVEかも。Yahoo!ショッピング LIVEは、 運営会社ヤフー株式会社のライブコマースです。Yahoo!だからこそ安心して利用出来るという人たちも多くいらっしゃることでしょう。結構、年輩の方々の利用率が高いです。

モデルの藤田ニコルさんが、自身でプロデュースしたアパレルブランド「NiCORON」を配信したり……ということも積極的に行われています。

そして、次のおすすめのライブコマースサービスは、ヤフオク!ライブです。ヤフオク!ライブは、 ヤフオク!内のライブ機能です。運営会社はヤフー株式会社です。まさに、ライブ配信を利用し、商品がより多くの人たちの目に止まりやすくできるメリットがあります。